2013年05月16日

『キプロス・ショック@』【藤井厳喜】AJER



公開日: 2013/04/04

続きはコチラ【会員制サイト:AJERcast】
http://ajer.jp/
Facebookユーザー名 channel Ajer
Facebookページ名 チャンネルAjer
《キプロス・ショック@》
藤井厳喜(政治学者) 2013年4月4日出演@
● 質問やご意見、感想は、各映像・下のコメント欄にお書き込みください。適宜、参考にさ-せて頂きます。
★ 藤井厳喜Twitter http://twitter.com/GemkiFujii
★ 藤井厳喜公式ブログ http://www.gemki-fujii.com/blog
channelAJER メルマガ配信スタートしました、是非ご覧ください。
メルマガ http://www.mag2.com/m/0001586486.html
ブログ  http://ameblo.jp/channelajer/

本超大恐慌の時代


posted by vvv at 23:54| 経済・社会(欧州) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『新ローマ法王選ばれる@』【藤井厳喜】AJER



公開日: 2013/03/20

続きはコチラ【会員制サイト:AJERcast】
http://ajer.jp/
Facebookユーザー名"channel Ajer"
Facebookページ名"チャンネルAjer"
《新ローマ法王選ばれる@》
藤井厳喜(政治学者) 2013年3月14日出演@
● 質問やご意見、感想は、各映像・下のコメント欄にお書き込みください。適宜、参考にさ-せて頂きます。
★ 藤井厳喜Twitter http://twitter.com/GemkiFujii
★ 藤井厳喜公式ブログ http://www.gemki-fujii.com/blog
channelAJER メルマガ配信スタートしました、是非ご覧ください。
メルマガ http://www.mag2.com/m/0001586486.html
ブログ  http://ameblo.jp/channelajer/
続きはコチラ【会員制サイト:AJERcast】
http://ajer.jp/

本超大恐慌の時代


posted by vvv at 23:42| 経済・社会(欧州) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月06日

『ギリシャに学ぶ日本の滅ぼし方』上念司・倉山満





公開日: 2012/07/02

ーシリーズ「倉山満が訊く!」ー

第21回『ギリシャに学ぶ日本の滅ぼし方』
上念 司氏
倉山 満氏

本全国民必読 経済ニュースのウソを見抜け!

本嘘だらけの日米近現代史


posted by vvv at 23:08| 経済・社会(欧州) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月07日

【メディアの嘘を見抜け】バイトはドラギ店長に文句を言えよ![桜H25/2/1]



公開日: 2013/02/01

アベノミクスで日本がデフレ脱却に本気になっているが、通貨安の恩恵で経済を廻してい-る国からは、自国の金融政策を棚に挙げた非難が挙がっているという。特に、欧州の金融-不安で低下したユーロの恩恵を独占享受しているドイツ連邦銀行のバイトマン総裁がその-急先鋒であるが、自分の上司たる欧州中央銀行のドラギ総裁をすっ飛ばして、日本に文句-を言うのは筋違いも甚だしいと言わざるを得ない。今回は自分勝手なバイト君に身の程を-知ってももらうとともに、日本国内で「為替競争の不毛」を説く識者達の嘘を暴いていき-ます。

※チャンネル桜では、自由且つ独立不羈の放送を守るため、『日本文化チャンネル桜二千-人委員会』の会員を募集しております。以下のページでご案内申し上げておりますので、-全国草莽の皆様のご理解、ご協力を、何卒宜しくお願い申し上げます。
http://www.ch-sakura.jp/579.html

◆チャンネル桜公式HP
http://www.ch-sakura.jp/

本全国民必読 経済ニュースのウソを見抜け!



posted by vvv at 08:20| 経済・社会(欧州) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月01日

それでもギリシャ人は幸福だ!欧州内南北問題【藤井厳喜】



アップロード日: 2011/10/13

《それでもギリシャ人は幸福だ!ヨーロッパ内の南北問題》
藤井厳喜(政治学者) 2011年10月13日出演

ある世論調査によれば、ヨーロッパで二番目に幸せな国民はギリシャ国民である。
信じられないような数字だが、本当だ。
国家が経済破綻してもギリシャ国民は幸せなのだ。
 これにはヨーロッパ内の南北問題というものが存在する。
その前提には世界経済の南北問題が存在する。
一般的に言って、北方の諸国は、気候が寒冷であり、人々は勤勉に働かないと生きていけ-ない。
これに反して、南方の人々は、自然環境に恵まれているので、それほどセコセコと働かな-くても生きてゆく事が出来る。
 このような南北間の気質の相違がヨーロッパの金融問題の背後にも、存在するのではない-だろうか。
 地球の南北問題と、ヨーロッパの南北問題を、重ね合わせて考えてみたい。


欧州の南北問題の詳細については、『日本はニッポン―金融グローバリズム以後の世界』
http://youtu.be/F-kxOLgKqw4  http://www.amazon.co.jp/dp/4862860451
をご覧下さい。
欧州経営危機の仕組みについては、
『超大恐慌の時代』http://www.amazon.co.jp/dp/4537258357
に詳しく書いてあります。

● 質問やご意見、感想は、各映像・下のコメント欄にお書き込みください。適宜、参考にさ--------せて頂きます。
★ 藤井厳喜Twitter http://twitter.com/GemkiFujii
★ 藤井厳喜公式ブログ http://www.gemki-fujii.com/blog

本超大恐慌の時代



posted by vvv at 17:10| 経済・社会(欧州) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。