2013年06月15日

【Free Uyghur】人類への大罪、恐るべき現実、中共のウイグル絶滅政策[桜H25/6/14]



公開日: 2013/06/13

来週に迫った世界ウイグル会議総裁ラビア・カーディル女史の来日に備える意味でも、改-めて日本人の皆様に、中共の行っている残虐な「民族浄化政策」の現実を訴えさせて頂き-ます。

◆日本・ウイグル 自由のための連帯フォーラム
 http://outboun3.wix.com/jusf

◆日本ウイグル協会
 http://uyghur-j.org/

※チャンネル桜では、自由且つ独立不羈の放送を守るため、『日本文化チャンネル桜二千-人委員会』の会員を募集しております。以下のページでご案内申し上げておりますので、-全国草莽の皆様のご理解、ご協力を、何卒宜しくお願い申し上げます。
http://www.ch-sakura.jp/579.html

◆チャンネル桜公式HP
http://www.ch-sakura.jp/

本7.5ウイグル虐殺の真実―ウルムチで起こったことは、日本でも起きる (宝島社新書)




posted by vvv at 01:58| 戦争(世界・1946〜) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月01日

勃発した米中サイバー戦争 米国防総省の決断【藤井厳喜】



アップロード日: 2011/10/27

《勃発した米中サイバー戦争 米国防総省の決断》
藤井厳喜(政治学者) 2011年10月27日出演
  日本においても、最近、三菱重工や衆議院へのサイバー攻撃が起き、それへの防衛の必要-が認識されるようになりました。
しかし、米中間では既にサイバー戦争が勃発しています。
2011年7月、米国防総省は、初の「サイバー戦略」を発表しました。
それによれば、サイバー空間を、陸・海・空・宇宙に続く、「第5の作戦領域」として認-識すると同時に、「米国へのサイバー攻撃には、通常兵器での報復もあり得る」と宣言し-ています。

事の発端は、2010年1月頃に、米中サイバー戦争が始まったと言えるでしょう。
(※参考1【藤井厳喜】Google事件を引き金に、米中対立時代到来![H22/ 1/26] http://youtu.be/6HDv0bBcmyo )

この時、Google社は米大手20社への組織的なサイバー攻撃が、その前年、200-9年にあったことを発表しました。
又、チャイナにおけるグーグルにおける検閲事件が起きたのもこの時期です。
又、2010年1月には、オバマ政権が台湾への武器売却を最終的に決定し、同時に、オ-バマ大統領がダライ・ラマ師と会見しました。
米中関係が大きく対決方向に動いた時でした。
(※参考2 【藤井厳喜】 米中悪化の深層![H22/ 1/28] http://youtu.be/guiFNdFFHm4  )

 これに続いて、2010年の7月には、ペンタゴンへの大規模なサイバー攻撃が起きてい-ます。
更に、2010年5月から6月には、ロッキード・マーチン社へのサイバー・アタックと-、GoogleのG-mailユーザーに対するサイバー攻撃が時を相前後しておきまし-た。
グーグル社は、その攻撃がチャイナの山東省の済南が起点であると公表しています。
 これらのアメリカの主要企業に対するサイバー攻撃を受けて、6月2日にクリントン国務-長官は、これを鋭く批判しました。
この後の7月に、先に述べたように、米国防総省はサイバー戦略を発表することになりま-す。

さて、その直後ですが、2011年8月2日、インターネット・セキュリティーを専門と-する米マカフィー社は、以下のような内容を公表しました。
それは、国連・国際オリンピック委員会、ASEAN、各種の人権擁護運動を含む72の-国、機関、企業に対し、大規模なサイバー攻撃が組織的に行なわれましたが、それには特-定の国家が関与していた事が疑われるというものです。このマカフィー社の発表を伝える-ロイター通信は、その特定な国家が「チャイナである可能性」が高いと伝えました。。

● 質問やご意見、感想は、各映像・下のコメント欄にお書き込みください。適宜、参考にさ--------せて頂きます。

★ 藤井厳喜Twitter http://twitter.com/GemkiFujii
★ 藤井厳喜公式ブログ http://www.gemki-fujii.com/blog

本超大恐慌の時代





posted by vvv at 19:16| 戦争(世界・1946〜) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月19日

新唐人スペシャル 南シナ海・中国軍拡の真意とは(上)(1/2)



アップロード日: 2011/02/11

新唐人テレビより
http://www.ntdtv.jp/ntdtv_jap/zoomin/...

【新唐人日本2011年2月12日付ニュース】
【司会者】
「こんにちは 、"世事関心"の時間です。南シナ海は古くは中国の南端を意味し、広くは中国以南の海-域を指しました。しかし今は、北は中国の広東省、広西チワン族自治区、福建省から南は-南緯3度、東はフィリピン諸島、西はベトナム マレー半島までの海域です。数千年来、この平和な海域が最近数十年は争いが絶えず、南-シナ海は世界でも最も敏感な地域の1つになりました」

南シナ海の約350万平方キロの海域には、200以上の島と岩礁が浮かんでおり、東沙-・西沙・南沙・中沙(の4つの諸島に分かれます。

漢の時代から2千年にわたり、南シナ海の周辺地域は中華文化の影響を色濃く受けてきま-した。シルクや茶葉、木材、香辛料を満載した貿易船が中国大陸・インドシナ半島と南シ-ナ海の島々との間を行き交い、文化交流の使者にもなりました。

政治面では、南シナ海周辺の国はみな、独立を保っていました。中には、中国を宗主国と-認める国もありました。つまり、貿易や文化の往来など、中国とはつかず離れずの関係に-あったのです。

【司会者】
「20世紀前半まで、南シナ海の主権は、問題にならなかったものの。第二次世界大戦後-、植民地から独立した東南アジア諸国は、領海を主張し始めます。この数十年、技術の進-歩で、大陸付近の海底資源の可能性が高まり、1982年第3回国連海洋法会議は、"排-他的経済水域"の決議を採択。この後、南シナ海に緊張が走り、注目を集めました」

いわゆる排他的経済水域とは、ある国が隣接する200海里を超えない海域で、その国が-そこにある資源に対し、調査、開発、管理する権利のことです。つまり、南シナ海で所有-する島が多いほど、排他的経済水域も拡大します。

これまでの調査によると、南シナ海の石油の埋蔵量は少なくとも、230億トン以上。豊-富なエネルギーは、国際関係の緊張を招きました。沿岸国による、南シナ海の主権争いが-熱を帯び始めたのです。
......

http://www.ntdtv.jp/ntdtv_jap/zoomin/...

本現代中国「国盗り物語」 かくして「反日」は続く



posted by vvv at 20:53| 戦争(世界・1946〜) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。