2013年06月04日

2013年02月22日

『破壊外交』著者・阿比留瑠比氏インタビュー/西村幸祐放送局



公開日: 2012/11/09

「異民族に支配されたような3年間だった」――阿比留瑠比編集委員と『破壊外交』(産-経新聞出版)をテーマに民主党政権を振り返る。

鳩山由紀夫、菅直人、野田佳彦の3代の政権は「公約」通り、日米同盟を弱体化させた結-果、近隣諸国を増長させた。民主党が最も重視したはずのアジア外交は見事に破綻し、日-中、日韓関係は戦後最悪となっている。
この3年間で、日本外交は停滞どころか大きく後退し、完膚無きまでに「破壊」された。
(『破壊外交〜民主党政権の3年間で日本は何を失ったか-完全まとめ〜』(産経新聞出-版) プロローグより)

阿比留瑠比
聞き手/西村幸祐

●西村幸祐放送局 http://broadcast.kohyu.jpn.com
●西村幸祐 公式 http://kohyu.jpn.com
●西村幸祐 公式ブログ http://kohyu.jpn.com/blog
●西村幸祐 連絡フォーム http://kohyu.jpn.com/contact.html

本破壊外交-民主党政権の3年間で日本は何を失ったか

posted by vvv at 00:35| 対談(外交) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。